MENU

悪玉コレステロールが高い|LDLコレステロールを下げる方法とサプリメント

悪玉コレステロール値が高い原因となる事とは

日常の生活の中で、無意識的にコレステロールを多く摂ってしまうことで、体内に悪玉コレステロールが溜まっていきますが、
一番の理由は、加齢にあるようです。
元々、加齢と共に溜まっていきやすく、若い頃のように代謝も良くないので、好きなものばかり食べていることも
原因として挙げられます。
年を重ねるごとに、コレステロールが溜まりやすくなるのは避けられません。
更に、運動不足やストレスからくる暴飲暴食も同じように、悪玉コレステロールを増やす原因となります。
特に、女性の方は、ダイエットによるストレスから過食に走ってしまうケースも多いようなので注意しましょう。
悪玉コレステロール値が高いと、動脈硬化や脳卒中など致命的な病気になりかねません。
私たちが、健康な体で居るためには、ある程度の悪玉コレステロールが必要なのですが、
善玉コレステロールとの量のバランスが崩れてしまうと、体調にも変化が出てくる可能性があります。
食事の改善も大切ですが、日頃、コレステロールが多い食事を摂っていても運動をしていれば、
消費されていくので、血管の中や内蔵に溜まりにくくなります。
有酸素運動が効果があるので、時間をかけて穏やかにエネルギーを消耗させる運動がお勧めです。
運動が苦手な方でも、ウォーキングや脂質の多い食事を控えるなどの対策で悪玉コレステロールを減少させる事ができます。

血液中に含まれる悪玉コレステロールと善玉コレステロールの関連性

善玉コレステロールと悪玉コレステロールは互いに反対の役割を果たしていて、善玉コレステロールは血液中に含まれる動脈硬化などの原因となるコレステロールを取り除く効果があります。悪玉コレステロールは動物性の脂肪などを長期的に摂り過ぎた結果、体に張り巡らされている血管の中に含まれる血液の中に、コレステロールが溜める役割を果たします。加齢と共に血管の壁にコレステロールが溜まり始めて、年齢を重ねた時に心筋梗塞や動脈硬化などの症状を引き起こしやすくなります。肝臓にコレステロールを運ぶ時に活躍する善玉コレステロールは、血管に付着している悪玉コレステロールを取り除く効果があるので、将来的に心筋梗塞や動脈硬化になるリスクが極端に下がります。善玉コレステロールは血管の中に流れる血液を良質化したり、動脈硬化の予防に繋がるので、食事などを工夫する事で動脈硬化に関連した大きな病を防ぐ事が大切です。運動を心掛ける事で血液中の脂肪が減少したり、脳血管疾患などの大きな病を防ぐ事に繋がります。高脂血症にならないように食生活と運動を心掛ける事が、善玉コレステロールの増加に繋がって、自然的に健康的に長生きする事をもたらします。